海外で見たい

人気の大会

女性

F1が大好きな方でも、なかなか会場にまで足を運んで観戦する機会は多くないと思います。
それもそのはず、日本での開催は1年を通して3日間程度だからです。
主にF1の観戦チケットの購入方法や発売時期などはどうなっているのでしょうか。
発売時期チケットの発売時期については、開催される半年前頃より販売が開始されることが多いです。
2017年10月に日本の鈴鹿で行われるF1チケットは、3月頃より発売されています。
海外に関しても、多少のずれはありますが、数か月前より販売されているようです。
いまは旅行会社の観戦ツアー等もあるので、気軽にF1観戦が出来るようになっています。
海外での観戦になると、言葉の壁もあるため不安な点も多くなりますが、旅行会社が企画しているツアーにてF1観戦を行えば、通訳の人がガイドとして付くことがほとんどのため、海外初心者の方でも安心出来るでしょう。
また、旅費については国ごとに異なっていたり、泊まるホテルや観光地巡りをするかどうかなどで違ってきたりします。
日本からの場合は、アジア圏の中国などでの観戦であれば、金額的には安く見る事が出来ます。
近場であれば移動時間等も短く、観戦前に色々観光なども出来ていいかもしれませんね。
ただし、F1観戦は近年人気が高まっているので、予約がすぐに埋まってしまうことがあります。
レース日程などを早めに調べて、ツアーの申し込みも早めに行なっておきましょう。
さらに、ツアー内容は旅行会社やツアー企画会社ごとに異なるため、比較をきちんと行なった上で予約は入れましょう。

ここだけで買えるチケット

鞄と男性

F1開幕戦の地となるメルボルンは、サーキットが市街地から近いため、F1観戦だけでなく観光も楽しめます。
移動には、格安航空のチケットを購入すると交通費を抑えることができます。
しかし、直行便ではなく経由便がほとんどなので、遠回りになったり待ち時間が長かったりする可能性が高いです。
時間に余裕を持って、旅行の計画を立てることが大切になります。
F1観戦チケット費を除き、次に大きな費用となるのが宿泊費です。
メルボルンは宿泊施設が充実しており、F1開催に向けて宿泊費がアップする可能性は低いです。
相部屋が利用できる宿泊施設を利用すれば、安く泊まることができます。
女性で男性と相部屋になるのを避けたい人は、女性専用の部屋を選ぶと良いです。
サーキット内は案内所などがあるため、さほど困ることはないものの、市街地では困ることが多いと言われています。
乗り物の乗り方や施設の位置関係など、ある程度頭に入れておいてからF1観戦旅行スケジュールを立てるのが賢明です。
また、ポケットWi-Fiを借りる人がほとんどでしょうが、フリーWi-Fiの場所を把握しておくと安心です。
それから、オーストラリアだけで購入できるチケットもあり、週末の3日間で毎日違うエリアからF1観戦できる内容になっています。
F1ファンであれば、様々な角度から楽しめるチケットは嬉しいものです。
また、単日チケットや格安チケットよりも割安で購入することが可能です。

開催地で選びましょう

旗

レースが好きな方におすすめなのがF1観戦ツアーです。
旅行会社が企画するF1観戦ツアーを利用すれば大迫力のレースを楽しめます。
F1観戦ツアーはレース開催国のなかから選ぶことができます。
それぞれの開催国に魅力があるので好みの国を選んでレースを楽しみましょう。
ヨーロッパでF1観戦をするならスペイングランプリがおすすめです。
スペイングランプリはバルセロナからほど近いサーキットで開催されるので、レース前やレース後には市内の観光も十分に満喫することができます。
またバルセロナなら海の幸も堪能できるので食事に不安を感じる方でも安心です。
レースとともに大自然も満喫するならカナダグランプリがおすすめです。
カナダグランプリが開催されるモントリオールは「北米のパリ」と称されるほど魅力的な街で市内には教会など美しい建物がたくさんあるほか、少し郊外まで足を延ばせばスケールの大きい大陸特有の大自然も楽しむことができます。
F1観戦ツアーはアジア圏もカバーしています。
アジア開催国のなかでもとくにおすすめなのがシンガポールグランプリです。
シンガポールグランプリはモナコレースと同様に市街地でおこなわれます。
公道で繰り広げられるスリリングなレースはサーキットとは一味違った魅力があるので、コアなファンはもちろんのこと初心者の方でも満足できること請け合いです。
またシンガポールグランプリは夜間におこなわれる点も魅力となっています。
ナイトレースが始まるまではのんびりと市内観光を楽しむことができるので、スケジュールに余裕を持たせやすい点も特徴となっています。