自動車レースの見方

自動車レースを見る方法

レディ

自動車レースの最高峰の一つに挙げられているF1はファンも多く人気のレースです。
テレビの観戦も迫力ありますが、やはりF1レースを行っているサーキット場で観戦するのが、映像だけでなくF1の爆音も生で聞けて良いものです。
但しF1レースを観戦するには、正しいマナーやルールを知っておく必要があります。
まずは観戦席の場所取りです。
眺めの良いシートで観戦したい気持ちは皆さん同じなので、順番を守って席に座りましょう。
また一人の人間が複数の席を抑えるのもマナー違反であるので注意すべきです。
次に芝生席での観戦方法もマナーを守りましょう。
芝生席でイスを準備して座るもしてはいけません。
後ろに座っている人が見れなくなるので、面倒でも直接芝生に座って観戦しましょう。
また芝生を故意に傷つける行為も止める必要があります。
ついレースに夢中になって芝生を引き抜いてしまうこともありますが、レース場を傷つける行為は止めましょう。
3つ目に雨天時での観戦方法ですが、席で傘をさして見るのは止めましょう。
こちらも後ろに座っている人の迷惑になります。
雨が予想される日は、事前にレインコートを持参して雨が降れば着用して観戦することが大切です。
他にも色々なルールはありますが、基本は周りの人の迷惑になるような行為は止めるということです。
キチンとマナーを守ってF1を観戦することで、気持ちよくレースを見ることに集中できますし、周りの人との一体感も生まれて、より楽しめることでしょう。

観光を兼ねたスケジュール

F1カー

リーズナブルな価格で海外旅行が楽しめるのが、F1観戦ツアーです。
こちらのツアーの場合は日程が非常にシンプルで無駄がなく、余計な費用がかからないため、他のツアーに比べると費用は低額です。
F1レースを観戦するには、旅行代金にプラスしてチケットの購入代金が発生します。
観戦のペースは個人の都合で決めることが出来、すべての日程をF1がらみのイベントうめることも可能です。
また、観戦の日数を減らし、スケジュールの数日を近隣の観光に当てるという選択も可能です。
このような観光の機会を利用すると、各国の魅力がさらに味わえます。
例えばハンガリーのF1観戦ツアーを申し込んだ場合、現地のスパや劇場を楽しむという手があります。
終日、自由行動が出来る日には、その国ならではの魅力的なスポットを訪れてみるのも、旅をさらに充実させるための奥の手です。
予め開演予定を調べて、オペラや演劇のチケットを取得しておくと、F1観戦以外のアクティビティも満喫出来ます。
空いた時間に観光プランを組み込んでいるF1観戦ツアーも、実際に登場しています。
海外旅行という貴重な機会を満喫するためには、時間を有効活用することが必要です。
観戦チケットを取得する前の段階なら、余計な出費をすることなくスケジュールの変更が行えます。
F1観戦を数日に絞り、後はのんびりと観光スポット巡りに浸るのも、ツアーの利用の仕方の1つです。
基本的な日程を参考に、要所要所をカスタマイズすることで、自分らしいF1観戦ツアーとなります。

耳栓があると安心

地球儀と鞄

F1の観戦ツアーはそれぞれのグランプリの日程が事前に決まっているので、観戦ツアーに申し込む場合にはきちんとツアーの申込みに間に合うようにしなくてはいけません。
基本的にF1は春から秋にかけて開催されていて、世界中の様々な地域が開催地となっています。
日本からF1の観戦ツアーに行く場合には、ヨーロッパ開催のグランプリに行くことが多く、とくにモナコで開催されるグランプリと、ベルギーで開催されるグランプリの人気が高いです。
ヨーロッパで開催されるF1のグランプリを観戦する場合には、色々と準備をしておくと安心です。
まず服装に関しては春から夏にかけて開催されるグランプリに関しては、軽装でも大丈夫ですが、秋に開催されるグランプリに関しては肌寒いコンディションの時も多いので、必ず防寒対策を行なうと良いでしょう。
またホームストレートの近くなど、コースに近い場所での観戦の場合には、エンジン音などが耳に悪い場合もあるので、耳をふさぐためのイヤーウィスパーなども用意しておきましょう。
とくに子供は耳にダメージになることがあるので、必ず耳を保護する耳栓をつけさせましょう。
その他に準備が必要なものとしては、各種のガイドブックなどがあります。
F1の観戦ツアーでは、たいだいのスケジュールは決まっていて、各エリアを観光することもできますが、細かい部分の情報に関しては、自分たちで調べる必要があるので、しっかりとガイドブックで細かい情報を調べておくと良いです。